ホームページ作成・制作のご紹介サイトです

HP作成に必要なもの

ホームページのメリット

HTMLとは?

HP制作のポイント

HP作成@

HP作成A

ホームページ用語集

ホームページ作成に必要なものって?

パソコン

ホームページを作成するには、当然パソコンが必要となります。学校や職場で使えるパソコンがある場合は、そのパソコンを使うのもいいと思います。しかし、ホームページの管理や作成作業をする場合、自宅にパソコンがあると便利です。OSは、Windows、Macのどちらでもいいです。

ブラウザ

ホームページを見るためのソフト、ブラウザが必要です。つまり、今このページを見るために使っているソフトです。
国内で最も多くの人(90%以上)が使っているブラウザは、Internet Explorerですが、これ以外にもNetscape、Opera、Firefoxなどがあります。

今までは、ブラウザを使っていろいろなホームページを見てたと思うけど、自分でホームページを作る場合は、作成途中のページがどのように表示されるかを確認するために使います。
ここで4種類のブラウザを紹介しましたが、できれば全部用意した方がいいと思います。それはなぜかというと、ブラウザによって表示が異なる場合が多いからです。

もし、Internet Explorerだけでしか表示を確認しなかった場合、他のブラウザでそのページをみると、レイアウトがぐちゃぐちゃになったりします。

用意しておきたいブラウザ

Internet Explorer

多くの人が使っている代表的なプラウザです。
WindowsのOSがインストールされていれば、使えるはずです

Netscape

最近はこちらを使っている人は少ないですが、新しいバージョンになるたびに使いやすくなっていると思います。

Opera

無料版は広告が表示されます。

Firefox

セキュリティに優れているブラウザです。使いやすさも抜群です。

テキストエディタ

テキスト文書を編集するためのソフト、テキストエディタが必要です。このソフトを使ってHTMLというWebページ作成の基本言語を記入していきます。Windowsを使っている人ははじめからインストールされている、「メモ帳」や「ワードパット」を使います。Macを使っている人は「Textedit」です。

テキストエディタは、もともとパソコンに入っているもの以外にもいろいろあって、フリーソフトで有名なのは、「Terapad」(Win用)です。とても使い勝手が良いです。
その他にもVicterに行けば、いろいろなテキストエディタが紹介されているので、気になる方はチェックしてみましょう!自分にあったテキストエディタを使うと作成の効率もよくなりますよ。

FTPソフト

作成したホームページを、インターネット上に公開するために必要なソフトです。ホームページを作っても自分のパソコンの中にあるだけでは、いろいろな人に見てもらうことが出来ません。このソフトを使って、サーバーというインターネットに常に繋がったコンピューターに、作成したホームページのファイルをアップロードします。
Windowsでは、「FFFTP」、Macでは「Fethc」といったソフトが有名です。

有名なFTPソフト

かなり有名なFTPソフトです。使い勝手はとてもよいです。フリーソフトなのでかなりお勧めです。

Macユーザーの定番FTPソフトです。

 

画像や音楽などの素材

ホームページがテキストだけでは、なんとなくさみしいですよね?。カッコいい写真や、かわいいイラストを効果的に使って見栄えのよいホームページを作りましょう。インターネットでは、無料で素材を配布されているサイトさんがたくさんあります。素材の森などなどの素材関係のリンク集や、ホームページ作成関係のリンク集に行っていろいろなサイトを見て回りましょう。必ず好みの素材が見つかると思います。

また、本屋さんに行けば、ホームページで使える素材集の本も売っています。各ページでそれぞれのサンプルが記載されてて、素材は全部CD−ROMに入っています。カタログを見るような感覚で使いたい素材を選ぶことが出来るので、とても便利です。
それに、売っているだけあって完成度の高い素材が多いです。一度、本屋さんにいってどんな内容なのか見てくださいね。あまり小さな本屋さんには置いてないと思うので、できるだけ大きな書店に行ってみましょう。
もし、自分で作る、自分で作りたい、という場合は、画像編集ソフトで作るといいです。
素材の森→URL(http://www.sozainomori.com/)

デジカメやスキャナ

自分で撮った写真を公開したい場合、デジカメやスキャナが必要です。デジカメで撮った写真をホームページに載せる場合、画像は汚く見えない程度で十分です。画素数は100万もあればいいです。なので、最近の携帯のカメラも結構使えたりします。
でも、どうしてもキレイな写真を使いたいというのであったら、高性能のデジカメを使うといいでしょう。その場合、ダイアルアップなど回線環境が悪い人はページが表示されるまで時間がかかるということを覚えておきましょう。

また、普通のカメラで撮った写真や、手書きのイラストを公開したい場合はスキャナを使います。このスキャナを使ってパソコンに写真やイラストを取り込んで、画像ファイルにします。

画像編集ソフト

ホームページで使う画像を自分で作ったり、写真を加工・修正したい場合は、画像編集ソフトを準備します。Windowsには最初から「ペイント」というソフトが付属されてるので、これを使うのもいいでしょう。ただし、あまり高度な編集をするには向いていません。
それと、パソコンを購入すれば最初からいろいろなソフトが入っていると思います。その中にたぶん画像編集ソフトがあると思うので探してみましょう。使いやすそうであればそれを使えばいいです。

また、ベクターなどのソフトを配布しているサイトに行けば、無料で使えるソフトを多数紹介されてます。お金をかけたくない人は要チェックです。

check

今治タオル
http://crumu.co.jp/

最終更新日:2015/2/4